読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1038693
0
壁を破る言葉
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
芸術

『壁を破る言葉』
[著]岡本太郎 [監修]岡本敏子 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



生きる日のよろこび、悲しみ。

一日一日が新しい彩りをもって息づいている。


実際の世界は芸術なんてものとは関わりなく、

政治的に、科学的に、荒々しく猛烈に動いている。

いったいなぜ描くのか。

まったく無意味な気がする。

何かを描かなきゃならないから描くのか。

……ばかばかしい。人が喜ぶからだろうか。

……人をよろこばせるなんて、卑しい。

美のため。社会のため。……糞くらえ

だが、身をもって激しく抵抗をたしかめながら、

猛烈に生きていくところに、人間としての歓びがあるんだ。


芸術はたんに見るもの、味わうものではなく、

創るもの、いや創らなければならないものだ。


惰性的な空気の死毒におかされないために、

人間は創造しなければならない。


自分をじっさいそうである以上に見たがったり、

また見せようとしたり、あるいは逆に、

実力以下に感じて卑屈になってみたり、

また自己防衛本能から

安全なカラの中にはいって身をまもるために、

わざと自分を低くみせようとすること、

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2287文字/本文:2697文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次