読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1039120
0
タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
2
0
2
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
明日「来れない」かな?

『タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?』
[著]戸部田誠(てれびのスキマ) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ



 1982年10月から始まった『笑っていいとも!』、番組開始時からの名物コーナーといえば「テレフォンショッキング」だ。これは当初「タモリが大ファンの()(とう)つかさまで、芸能界の交友関係をつなげてたどり着けるか」という企画としてスタートした。


 「友達の友達はみな友達だ、世界に広げよう友達の輪、わっ!」のフレーズでつなげていくこと3年弱、()(がわ)(きょう)()からの紹介で85年7月8日に伊藤つかさが出演、タモリの念願が叶い目的は達成された。


 しかし以後もこの人気コーナーは続行された。その間いくつかのマイナーチェンジがあり、12年4月のリニューアルではついに「お友達紹介」のシステムが廃止されたが、それまでは『いいとも』におけるひとつの象徴のように存在していた。


 そんな「お友達紹介」が、思わぬハプニングを呼んだことがある。


 84年4月23日に出演した(やす)()は、しばたはつみに電話をしたつもりが、間違ってある会社に掛けてしまった。



 電話を受け困惑する一般人の女性に、タモリは薄笑いを浮かべながら「わたくし、タモリと申します。『笑っていいとも!』をやってたんで……」と告げると、その女性は「え、ホントに!? ちょっと待って下さいます?」と慌てふためいた。会場が爆笑する中、タモリは「明日来てくれるかな?」と即興で悪ノリ。戸惑いながら女性は「いいとも!」と答えるのだった。


 そして翌日「間違い電話の方、どうぞお入りくださいませ!」とタモリが呼び込むと、本当にその女性が登場(「テレフォンショッキング」本コーナーの前に枠が設けられていた)。さらに翌日も一般人へのお友達紹介リレーとなり、それが3日間続くことになった。


 3日目はさすがに「明日、『来れない』かな?」とタモリが振ると、紹介された“お友達”が「来れません……」と返答。ようやく一般人リレーが途切れることになった。


 今や都市伝説のように扱われるこのエピソードも、『27時間テレビ』内のコーナー「その道のプロ高校全校集会」で、『いいとも』の貴重映像のひとつとして紹介された。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:881文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次