読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1039122
0
タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「あんた、絶対やっときなさいよ」

『タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?』
[著]戸部田誠(てれびのスキマ) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 笑福亭鶴瓶にとってタモリは、「テレビの師匠」だという。


 鶴瓶が本格的に東京に進出したのは35歳の時。関西系の人気タレントが活動の場を東京に移すのは、当時はまだ珍しかったし、成功例も少なかった。


 当時『いいとも』のプロデューサーだった(よこ)(ざわ)(たけし)も、この東京進出は早々に失敗すると予見。しかしその失敗したタイミングで『いいとも』に起用しようと、タモリに持ちかけていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:421文字/本文:615文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次