読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1039158
0
タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おとなしいんだよ、困ったことに

『タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?』
[著]戸部田誠(てれびのスキマ) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 福岡に帰ったタモリは、親族によって半ば強制的に就職させられた。朝日生命の営業職に就いたが、保険勧誘時に「理論で屈伏させてやろうと、淀みなくしゃべり続けた」のが災いし、成績は振るわなかったという。人は「理論で押しまくられると、感情で反発するもの」だと実感することになる[11]。


 苦戦していたタモリを救ったのが2歳年上の先輩、(はる)()さんだった。「この人のところに行きなさい。きっと大口の契約をしてくれるわよ」と、大事な得意先をタモリに紹介したのだ。そのことがきっかけとなってふたりは交際を始め、やがて結婚したという[12]。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1550文字/本文:1818文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次