読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1039197
0
タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
節操があると心が自由にならない

『タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?』
[著]戸部田誠(てれびのスキマ) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ところで、『いいとも』の司会を始めてのち、「タモリは変わってしまった」と評する言説が、一時期少なからず見られた。


 たとえば当時、(やま)(ふじ)(しょう)()はタモリを「『深夜の密室芸人』から『白昼堂々芸人』になり下がった」と批判し、それを受けて初期の『タモリ倶楽部』で作家を務めていた景山民夫もこう語った。


 「これを言っちゃうと悪口になっちゃうんですけど(略)前から知ってるタモリに対するイメージと違うことを彼が始めたっていうのは確実に……」「『笑っていいとも!』が始まって一年半ぐらいは、タモリ自身ももとのタモリの部分にかなりしがみついていたんですけども、怖いもんで、毎日、週に五日間、あのオバさんとミーハーのバカな女の子の前に出ると、つまり自分が接してる人間に合わせてるんですね」「とくに、あれは公開ですからねェ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:743文字/本文:1109文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次