読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1039198
0
タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一番恥ずかしいのは、立派になるということ

『タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?』
[著]戸部田誠(てれびのスキマ) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 タモリは(たか)()(じゅん)()を見ると「不安を覚える」という。何を考えているのかさっぱり分からない、と。「俺はね、世界に厚みを持たせるのをやめようとしてる」。しかし高田純次の場合は厚みが「ない」とタモリは言う。



 「俺は、薄さが徹底してないんでしょうね。あれ、(高田純次は)厚みをなくそうとか、目指してないように見えるんだよね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1205文字/本文:1377文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次