読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1039199
0
タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
夢があるから絶望があるわけですから

『タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?』
[著]戸部田誠(てれびのスキマ) [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 タモリフリークであり、『タモリ論』も上梓した作家・()(ぐち)(たけ)(ひろ)は、小説『さらば雑司ヶ谷』の作中人物に、タモリを「四半世紀、お昼の生放送の司会を務めて気が狂わないでいる人間」と語らせている。「タモリが狂わないのは、自分にも他人にも何ひとつ期待をしていないから」と。()(ざわ)(けん)()の『さよならなんて云えないよ』の歌詞「左へカーブを曲がると 光る海がみえてくる 僕は思う この瞬間が続くと いつまでも」を、タモリが『いいとも』で絶賛したという、実際のエピソードに絡めた場面だ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:892文字/本文:1152文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次