読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1039279
0
恋愛して幸せになる人、不幸になる人
2
0
147
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3回目のデート、何もなければ友達?

『恋愛して幸せになる人、不幸になる人』
[著]コラムニスト・ひかり [発行]産経新聞社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
147
| |
文字サイズ


「3回目のデートで何もなければ、友達」という、“3回デートルール”を、聞いたことはありませんか?


 実は、これがなかなか厄介だったりします(苦笑)。



 先日、アラサー女性のKちゃんが恋人とお別れをしました。その彼とは飲み会で知り合い、3回目のデートでベッドイン。でもHの相性が良くなかったらしく、二人の恋のテンションが下がり、お別れをしてしまったとのこと…。



 Hの相性は大切! とはいわれますが、そんなに簡単に別れてしまうものなの? と驚いたのは確か。


 でも、よく考えると、この二人が初めてHをしたときは、飲み会を含めても、まだ4回しか会ってないんですよね。お互いに“異性”としての興味はあっても、好きにはなっていなかったのかもしれません。



 逆に、女友達のSちゃんは、7年来の男友達だった相手と交際中です。付き合い始めのころは、彼とのHの相性は最悪だったらしいのですが、お互いに話し合い、相手の体を知ることで、今では相性がよくなったそうなんです。そんな二人にとって、Hはまさに“愛の結晶”です。


 だから、もしかしたらKちゃんも、彼をもっときちんと好きになってから関係を進めていたら、今もうまくいっていたのかもしれません…。



 そして、私たち“婚活女子”の恋愛は、将来的には結婚を考えているので、Hの相性問題だけではなく、結婚生活で起こり得る、さまざまな問題を乗り越えられるような関係を、パートナーと築くことが大切だと思っています。



 よく「結婚と恋愛は別物」という人がいますが、それは〔恋愛相手=異性として好きな人〕〔結婚相手=人として好きな人〕と分けているのかもしれません。


 恋の情熱が落ち着いたとき、〔異性として好き〕→〔人として好き〕になれればいいのですが、なれないまま〔異性として好き〕→〔気持ちが冷める〕→〔別れ〕を繰り返さないためにも、もしかしたら“婚活恋愛”においては、お互いに相手を“人”としても好きになれるかどうかをジャッジしてから進んだ方がいいのかもしれないなって、思うんです。



 だから、「3回目のデートで何もなければ、友達!?」についての、私なりの見解は、「むしろ、何もないからこそ、そのあとの展開次第で“結婚相手”になることだってあるので、焦りは禁物!」でしょうか。


 大人は焦らずゆっくりと!




この記事は役に立ちましたか?

役に立った
147
残り:0文字/本文:954文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次