読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1039854
0
どこから読んでも面白い「日本」の雑学
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
バタフライを世界的な水泳競技に発展させたのは日本人だった

『どこから読んでも面白い「日本」の雑学』
[編]話題の達人倶楽部 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 クロールや平泳ぎと違って簡単にはいかないだけに、バタフライで泳げる人はちょっとカッコいい。ダイナミックな泳ぎっぷりを見ると、いかにも水泳がうまそうに見えるから不思議だ。

 よほど水泳のうまい人が考え出したのだろうと思われがちなバタフライだが、実は最初は平泳ぎの泳ぎ方のひとつとして生まれた。最初に考え出したのはアメリカのメイヤーズという選手。1933年のことである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:448文字/本文:631文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次