読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1040286
0
感情労働の時代 〜つらい精神的な労働を乗り切る方法〜−週刊東洋経済eビジネス新書No.39
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
リーダーの感情労働

『感情労働の時代 〜つらい精神的な労働を乗り切る方法〜−週刊東洋経済eビジネス新書No.39』
[著]週刊東洋経済編集部 [発行]東洋経済新報社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

産業能率大学経営学部教授 横井真人


メンバーの感情を読み取り、自らの気持ちを切り替える



 最近は職場を横断するプロジェクト型の仕事が増えている。複数のメンバーが一時的に一つのチームとなり、成果を出すという仕事だ。そこでは職場の異なるメンバー全員がチームの目標や作業の流れ、役割分担を認識し、高いモチベーションを維持していかねばならない。


 しかし実際には、表面的には合意しても感情面では納得できず、ほかのメンバーに迷惑をかける人も少なくない。そのようなときリーダーは、メンバーの感情を上手にマネジメントする「感情労働」が求められる。感情のマネジメントの重要性を提唱した、サロベイとメイヤーという二人の米国の博士の学説(感情能力理論 Emotional Intelligence Theory)をベースに、感情マネジメントをステップ化するとこのようになる。



感情マネジメントのステップ


1 読み取り(感情を読み取る)


 表情やボディランゲージから、相手の抱いている感情を適切に認識する。


2 理解(感情発生の理由を考える)


 何が原因でそのような感情を抱いたかを推測し、その感情がどのような行動に結びつくかを予測する。


3 選択(適切な行動を選ぶ)


 状況と目的を照らし合わせ、全体最適の視点でどのような対応が望ましいかを考え、選ぶ。


4 切り替え(気持ちが伴った行動をする)


 選択した行動にふさわしい感情を自らつくり出す。



対話形式で学ぶ! リーダーの感情労働


 以下では、社内プロジェクトで対応に困る典型的な5人のタイプを想定。先ほどのステップに従って、リーダーは、5人の行動の背景を感情面からどう理解し、どう感情労働すればよいかを考える。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3770文字/本文:4478文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次