読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1040906
0
暗黒の日本史
2
0
23
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
幻の名城・安土城の消えた「蛇石」のミステリー

『暗黒の日本史』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
23
| |
文字サイズ



■謎の出火で焼け落ちた幻の城

 天正10年(1582年)6月、威容を誇ったひとつの城が灰燼(かいじん)に帰した。織田信長(おだのぶなが)によって築かれた安土城(あづちじょう)である。完成からわずか3年の出来事だった。

 出火したのは、6月14日から15日頃にかけてだと推定される。出火の原因については謎である。放火ではないかというのが一般的だが、放火犯が誰なのか判然としないのだ。
太閤記(たいこうき)』や『秀吉事記(ひでよしじき)』といった豊臣家側の史料では、明智秀満(ひでみつ)を犯人扱いしている。秀満は明智光秀(あけちみつひで)の女婿で、本能寺の変の後は安土城に入って守備についていた。山崎の合戦で光秀が敗戦したことを聞くと、14日には安土城を出て坂本城へ移動。この際に安土城に火をつけたのではないかとされる。

 だが、秀満に放火の罪を被せるのは簡単なことである。というのは、窮地に追い込まれた秀満は翌15日に光秀の妻子を刺殺。そのあとで坂本城に火を放って自らも命を絶っている。つまり、“死人に口なし”の状況なのだ。

 では、誰が犯人なのか。『日本西教(せいきょう)史』やイエズス会の宣教師ルイス・フロイスは、放火したのは織田信雄(のぶかつ)だと述べている。ほかでもない信長の息子である。

 信雄は信長の二男で、伊勢から鈴鹿を越えて秀満と入れ替わる形で安土城に入ったとされる。秀満が去った後の15日に出火したのであれば、信雄が放火した可能性は十分にある。
『日本西教史』は放火の理由を、亡き父が築いた安土城を敵に奪われるのを恐れたためだとし、フロイスは信雄に智力が足りなかったからだと述べている。信雄にとってなんとも不名誉な理由だが、信雄があまり優秀な武将ではなかったのはたしかなようだ。伊賀攻めでは大敗を喫しているし、そのほかにも失態が多い。

 とはいえ、織田家の権威を象徴する安土城を燃やして何の得があるというのか。この時の信雄は敵に追い詰められているわけではない。明智の軍勢は山崎の合戦で敗れているし、明智秀満も坂本城に敗走している。いくら愚かな信雄でも、そんな状況で父の築いた城に安易に火を放ったりするだろうか。

 信雄は安土城出火の際にまだ伊勢にいたとする説もあり、動機も曖昧で証拠も不十分だ。信雄を犯人だと断定するのは無理がありそうだ。

 ほかにも恩賞や略奪を目当てにした土着民が放火したとする説や城下町の火災が延焼したとする説もあるが、そうなると、なおのこと事実を確かめるのは難しい。結局、出火の原因も犯人も謎のままなのである。

■消えた「蛇石」と「安土山図屏風」の謎

 それにしても、安土城とはどのような城だったのだろうか。イエズス会の宣教師が書簡のなかで「ヨーロッパにもこれほどの城はない」と絶賛していることからも相当立派な城だったことがうかがえるが、謎もまた多い。

 ひとつに「蛇石(じゃいし)」と呼ばれる石の謎がある。これは『信長公記(しんちょうこうき)』にも書かれている巨大な石のことで、1万人以上で昼夜を問わず3日間もかかって天主閣(てんしゅかく)に運んだという石だ。この巨石が行方不明なのである。

 城が全焼したといっても、これほどの石ならどこかに残っていてもいいはずである。しかし、その所在はわからず忽然(こつぜん)と姿を消したままなのだ。

 また、安土城の外観を知るのにもっとも有力な資料とされる「安土山図屏風(びょうぶ)」も行方不明になっている。「安土山図屏風」は狩野永徳(かのうえいとく)が信長の命を受けて描いたもので、安土城の全容と城下町周辺がかなり正確に写実されている。これさえあれば安土城がどのような城だったかは一目瞭然で、謎の多くも解明するはずである。

 ところが、この屏風は信長からイエズス会の巡察使(じゅんさつし)ヴァリニャーニに贈られたのち、ローマ教皇への献上品としてヴァチカン宮殿内に収納され、その後に行方不明になってしまうのだ。

 ヴァチカン側の調査によれば、ヴァチカン内には存在しないという。では、どこに行ってしまったというのか。ヨーロッパのどこかに現存している、ヴァチカンのどこかに眠っている、など憶測が飛ぶもののいまだに見つかっていないのが現状だ。

■「設計図」から浮かび上がった全貌

 このように謎の多い安土城だが『信長公記』などの少ない史料から、ほんの少しだけその姿をうかがい知ることができる。安土城は5層7重(地下1階地上6階)の天主閣を持つ大城郭だった。24メートルもある石垣の上に、さらに30メートルの高さの天主がそびえていたようだ。

 ちなみに、「天守」といわれるようになるのは後世で、安土城の記録では「天主」と書かれている。天下を治める者の城という意味にちがいなく、安土城は信長の天下統一の象徴でもあったのだ。

 その天主閣の5階は室内が正8角形で、柱や天井がすべて朱色に塗られ、天井や壁には昇り龍などが極彩色(ごくさいしき)で描かれていた。最上階の6階は正方形で四方がすべて金色に塗られ、狩野永徳の筆による障壁画が描かれていたと伝えられている。

 また、旧金沢藩大工の池上家には『天守指図(さしず)』とだけ書かれた巻物が残っていて、これがじつは安土城天守閣の設計図ではないかとされる。

 それによると、安土城は大きな宝塔がそびえる地階から3階までが吹き抜けになっていて、2階には吹き抜けに張り出した舞台が作られている。さらには吹き抜けに橋が架けられ、吹き抜け空間を一望できるようになっている。なんとも驚くべき設計である。

 ただしこの『天守指図』は、後世になって『信長公記』などの文献をもとに作成されたものではないかともいわれ、信憑性を疑問視する声もある。

 たしかに木造建築でそれだけの大きな吹き抜けを作る技術が当時あったのかどうかは疑問である。結局のところ、安土城の全貌については多くが謎のままなのだ。

 とはいえ、平成元年からは安土城跡の学術的な発掘調査が20年計画でスタートしている。闇のなかに隠された全貌が明らかにされる日も近いかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
23
残り:0文字/本文:2492文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次