読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1041064
0
心を軽くする言葉
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
11◎「宇宙の法則」がわかるキーワード

『心を軽くする言葉』
[著]小林正観 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




あ・か・しの法則


人間には「あ・か・し」という三つの幸せがある。
「あ」は「当たり前」、
「か」は「感謝」、
「し」は「神秘性」についての考え方。


「あ」……当たり前
「か」……感謝
「し」……神秘性

 この三つについての考え方や生き方が人間を「幸せ」にするようです。
「当たり前」は「世の中のことは思いどおりにならなくて当たり前」と考えることです。「雨が降る」を「当たり前」と考えれば、「曇り」のときはうれしいし、「晴れ」ならばもっとうれしくなります。

 思いどおりにならないのが「当たり前」なのですから、何かがたまたま思ったとおりになったり、ちょっといいことがあったりするたびに「幸せ」を感じられます。
「感謝」は「いやなこと」だと思っていたことも感謝の対象と気づくこと。自分には必要なことしか起こっていないと考え、「感謝され、喜ばれること」に喜びを感じることです。これほど「幸せ」なことはありません。
「神秘性」は「人間の能力はすごいものだ」ということに気づくことです。自分がどのように“すごい”ものになっていくかを考えることで、毎日が楽しくてしかたがなくなります。宇宙、人間、自分の可能性を発見するたびに「幸せ」を感じることができるでしょう。




い・ど・おの法則


「謙虚さ」は三つの面で表現できるらしい。
一つ目は「思い」で、
「い・ど・お」……威張らないこと、怒鳴らないこと、怒らないこと。
二つ目は「言葉」で、「ありがとう」を言い続けること。
三つ目は「行為」で、トイレ掃除をし続けること。



 神さまや仏さまという存在は「謙虚」な人が大好きで、「傲慢」な人はあまり好きではないようです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5584文字/本文:6263文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次