読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1041515
0
あなたの夢がすべてかなう 結婚の作法
2
0
60
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の違いを知っておきましょう

『あなたの夢がすべてかなう 結婚の作法』
[著]佐藤富雄 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
60
| |
文字サイズ


 女性のあなたが選んだ男性を振り向かせる……その瞬間からすでに結婚へのカウントダウンが始まっています。

 結婚は、最初からそこを目指していくゴールです。

 どんなときも、自分はいま、ゴールに向かって進んでいるのだという自覚をもってください。

 その自覚がきちんとある女性は、恋の迷路にはまってしまうことがありません。


 恋愛から結婚へと進む道筋で、あなたがしなければならないことは、たくさんあります。

 男性と女性は生理的に異なる存在なので、その違いを理解することから始めると、なにごともうまくいきやすいでしょう。


 男性は女性と違い、テストステロンという性ホルモンをもっています。

 このテストステロンが旺盛な男性は、精力的で性欲が強く、そのため浮気性であることもよくあるようです。また、テストステロンの影響により、年齢とともに頭髪が薄くなっていくことがあります。

 テストステロンが目立って旺盛な男性といえば、俳優やアメリカンフットボールの選手などでしょう。その体格のよさ、全身から発散されるムンムンとした男の色気などからそういわれています。

 それは俗説ではあるのですが、実際そのとおりだなと、私は同感しています。


 女性の場合は、エストロゲンという性ホルモンが、女性特有の(つや)っぽい魅力をつくっています。ふっくらと丸みを帯びた体つき、肌のやわらかさなどもエストロゲンの影響によるものです。

 男性は、そうした女っぽさに心を引かれるものです。自分にはないものを求めたがるのですね。

 しかし、女性も、閉経(へいけい)を迎える時期になると、エストロゲンの分泌量がガクンと減少し、いわゆる女っぽい艶めいた魅力を失っていきます。ホルモンのバランスが崩れることで心身の不調が出てくることもあります。

 そうした弊害を最小限に食い止めるためにホルモン補填(ほてん)療法というものが施されることがあり、アメリカなどではさかんに行われてきました。

 しかし、近年、ホルモン補填療法は乳がん発症のリスクを高めることがわかり、敬遠される向きがあります。

 そこで注目を集めているのがイソフラボンです。

 イソフラボンというのは、大豆(だいず)などに多く含まれる栄養素(ファイトケミカルス=植物性化学物質)で、エストロゲンとよく似た働きをするものです。

 イソフラボンは、サプリメントによって効率よく体にとりこむことができます。

 また、一日に豆腐(とうふ)半丁を食べることで、十分にイソフラボンを補うことができるとされています。


 女性と男性のホルモンの違いは、ほかにもあります。男性はバソプレシンという性ホルモンを分泌していますが、女性は分泌していません。

 女性の体にバソプレシン成分を注射で注入すると、男性を異性として受けつけないようになってしまうとされています。

 かたや男性の場合は、バソプレシンが体内にあることが、セックスの面で男性としての機能を十分に発揮できる証になっています。

 けれど、男性の体は性的刺激や性行為によってバソプレシンの分泌量が増えるということがありません。

 その代わり、好みの女性にやさしくボディタッチされたり、心やさしい会話をしたりしていると、バソプレシンがさかんに分泌されます。

 交際をスタートさせたばかりの恋人時代は、男性にバソプレシンを分泌させる絶好の時期です。女性のほうから腕を組んだり、手をつないで歩いたりすることによって、男性はバソプレシン漬けになっていきます。

 そして、その影響で「この女性を守りたい」という気持ちが高まっていきます。

 なにごとも最初が肝心なのです。ふたりの幸せな未来のために、女性が上手に男性を誘導していってください。

 結婚してしまうと、夫婦の関係はセックスによる結びつきが大きな比重を占めるようになっていきます。

 そうなると、男性は、もうあまりバソプレシンを分泌しません。

 結婚後も彼をバソプレシン漬けにしておきたかったら、セックスの回数はできるだけ控えめにして、交際当初のころのような軽いボディタッチや、ときめく心を刺激しあう会話をするよう心がけていくことが大切です。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
60
残り:0文字/本文:1695文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次