読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1041598
0
本当は怖い日本の城
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
石神井城

『本当は怖い日本の城』
[著]知的発見!探検隊 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

武蔵国
父親の後を追い入水…照姫の三宝寺池伝説

〈石神井城データ〉
築城主:豊嶋氏
築城年:鎌倉時代後期
所在地:東京都練馬区石神井台
アクセス:西武池袋線石神井公園駅下車

豊嶋氏の宝を守った泰経親子


 石神井城は、長尾景春が武蔵鉢形城で関東管領上杉氏に対して反乱を起こした長尾景春の乱の舞台であり、この乱で落城した。そして、その際、城内にある三宝寺池に城主豊嶋泰経と娘の照姫が入水したという悲しい伝説が残っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:461文字/本文:662文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次