読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1041624
0
本当は怖い日本の城
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
九戸(くのへ)城

『本当は怖い日本の城』
[著]知的発見!探検隊 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

陸奥国
謎の暗殺から始まった不和の連鎖で滅亡

〈九戸城データ〉
築城主:九戸光政
築城年:1492年〜1501年
所在地:岩手県二戸市福岡城の内
アクセス:JR東北新幹線、いわて銀河鉄道二戸駅下車

当主を襲う暗殺事件 味方の裏切りで全滅


 東北地方最古の石垣が残されている九戸城。この石垣を作った蒲生氏郷が城を改修する前は、南部氏の一族である九戸氏がこの城を支配していた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:664文字/本文:843文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次