読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1041660
0
本当は怖い日本の城
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
上月(こうづき)城

『本当は怖い日本の城』
[著]知的発見!探検隊 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

播磨国
信長が見捨てた上月城の戦い

〈上月城データ〉
築城主:上月景盛
築城年:1336年
所在地:兵庫県佐用郡佐用町下上月
アクセス:JR姫新線上月駅下車

世にいう「上月城捨て殺し」の真実


 尼子(あまご)氏の本拠地・月山富田城が毛利の手に落ちたと聞いたとき、山中鹿之助はすぐに尼子氏の再興を志した。そして、当時毛利と対峙(たいじ)していた織田信長に(くみ)することで機会を狙っていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:733文字/本文:921文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次