読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1042059
0
マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラクリ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
乗っ取るか、乗っ取られるかのフランチャイズ・ビジネス

『マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラクリ』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 1954年にマクドナルドの権利を譲渡されたレイ・クロックは、その後、どうやってマクドナルドを巨大チェーンへと変貌させていったのか?


 この時点でのマクドナルドは、FC化したばかりのベンチャー企業と位置づければわかりやすいだろう。


 ラーメンでも牛丼でもいいが、街でおいしいと評判の店があったとしよう。店の味に自信を持っている店主(オーナー)は信頼できる弟子やスタッフにのれん分けして、街に2号店、3号店を出していく。さらなる拡大を求めるならFC化に応じる。マニュアル化や共同仕入れなどのシステムができれば出資者を募り、近隣の市や県のレベルで店舗を展開する。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1690文字/本文:1967文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次