読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1042117
0
究極の速読法――リーディングハニー(R)6つのステップ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『究極の速読法――リーディングハニー(R)6つのステップ』
[著]松崎久純 [発行]研究社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 速読法「リーディングハニー」へようこそ。


 速読のできる自分―これが、どんな感じかわかりますか?


 いつでもすばやく読む自分。


 日常的にたくさんの本を読む自分。


 それをイメージしてみましょう。


 読むことの苦痛がなさそうな様子、読むつらさを感じていない自分を想像できれば、それが正しいイメージです。


 速読を身に付けるためには、今の読み方にテクニックを加えるというよりも、思うように読めない、速く読めない―これがなぜかを知るのが大切です。


 なぜ思うように読めないのか。


 それは、「読むときに苦痛を感じるから」です。


 本書では、この苦痛がなぜ生じるのか、その苦痛をなくすにはどうすればよいのか、これらを考察することからはじめます。


 速読は、つらいと思いながらすることではありません。ラクに読むにはどうすればいいのか。本書を読めば、必ずおわかりいただけるでしょう。


 それがわかれば、あとは新しい読み方〈リーディングハニー6つのステップ〉をマスターするだけです。


 速読法「リーディングハニー」は、あらゆる種類の本や文章を読むときに用いることができます。

「好きな小説をゆっくり読みたい」という人に無理に勧めるものではありませんが、同じ人が他の種類の本、たとえばビジネス書や実用書を読むとき、仕事で書類を読むとき、資格取得の勉強をするときなどには、大いに活用することができます。


 どんな速さで読むのか、どのくらいの量を読むかは、自分自身でコントロールできるようになります。


 あなたは、もうすぐ速読のできる自分になります。その前に、第1章で自分自身の読むスキルについて、もう一度考えてみましょう。


 なぜ読むときに苦痛が生じるのか、なぜその苦痛を抱えたままなのか。これも同章で明らかにしています。


 第2章は、速読に必要な考え方です。これは、私たちが(とら)われている「間違った読み方」をやめるための考え方でもあります。


 第3章では、新しい読み方を紹介します。〈リーディングハニー6つのステップ〉です。


 このステップを実践すれば、速読はできるようになりますが、このステップに自分流のアレンジを加えるのも自由です。


 第4章では、リーディングハニーを身に付ける簡単なコツ、そして、身に付けてからの活かし方について考察しました。

〈リーディングハニー6つのステップ〉に抵抗を感じてしまう人、たくさん読めても単なる乱読になりそうで心配な人に、やさしいアドバイスをしています。


 本書では日本語文章の速読だけを紹介しますが、巻末には「リーディングハニーで『洋書』を読みたい人へ」というコラムをまとめました。


 リーディングハニーは、もともと英語の本を速読するためにつくられたものです。洋書の速読は、大学院などで講義・演習しており、すでに数多くの人たちがそのスキルを身に付けています。


 英語の読める方は、同じ手順で実践されるとよいでしょう。


 なお、本書では日本語文章のサンプルとして、縦組み文章のみを用いましたが、横組みの文章でも、もちろん同じように使うことができます。


 リーディングハニーを学ぶことは、より明るい未来をつくるための第一歩です。


 きっと、これまでとは違う自分になれるでしょう。


 私たちはどこから来たのか―これまでにどんな教育を受け、どんな環境で育ったのか。これは決して無視できないことですが、そこにはもっと大切なテーマがあります。


 私たちはどこへ向かってゆくのか―これからさらに何を学び、どんな環境を求めていくのか。


 リーディングハニーは、人生によりよいクオリティを求め、より多くを与えたい人の速読法です。本書が皆さんのお役に立つことを願います。


 本書の企画と編集では、研究社編集部長の吉田尚志氏にたいへんお世話になりました。ここに感謝の意を表します。


  2009年 3月

松崎久純

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1579文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次