読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1042424
0
戦国時代の舞台裏
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
▲鉄砲が最初に用いられたのはどの合戦だった?

『戦国時代の舞台裏』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本に鉄砲が伝わったのは、公式には一五四三年(天文一二)とされる。ポルトガル人が九州・種子島に火縄銃を伝えたのだが、それ以前に銅製銃や石銃など、別のタイプの鉄砲が日本に入っていたとみられる。

 それらの銅製銃や石銃は、国内の合戦で使われた形跡もある。種子島に鉄砲が伝わる前年の一五四二年、周防の大内氏が尼子氏を攻めたとき、尼子方が鉄砲二〇挺で応戦し、大内方に損害を与えたというのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:447文字/本文:638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次