読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1043011
0
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
2
0
58
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Rule1 片思いばかりくり返す人は、自分を愛することから始めましょう

『自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本』
[著]原田真裕美 [発行]青春出版社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
58
| |
文字サイズ


 片思いは、本気になるほど、せつなく苦しくなります。自分の中から湧き出る愛情の行き場がないのは大変つらいことです。

 愛は受け取ってくれる人がいなければ、フラストレーションとなり、自分の中で空回りしてしまいます。空回りした愛情はジェラシーとなったり、不安となったり、相手のことばかり考えて何にも手につかなくなってしまったりします。


 最初から「絶対片思いで終わる」とわかっていながら、ドンドン相手にのめり込んでしまうこともあります。片思い中は、自分のエゴを優先してしまいますから、すべての判断が自分勝手なものとなりがちです。
「片思いでもいいから好きでいたい」と思うのは、誰かを好きになった幸福感をぶち壊されたくないからです。これは相手を勝手に愛する「勝手な愛」で、「自己愛」です。

 自己愛とは文字通り、自分への愛情で、自尊心や自己顕示欲などはすべて自己愛です。

 自己愛で始まった恋愛感情は、自分を満足させるためのものです。相手がどう感じていようと、自分が満足していれば幸せなのです。

 本物の恋愛はお付き合いしているという事実上の「関係」がなければ成り立ちません。エゴをなくして、お互いにとって最良な方法を選んで共存していくことを第一目的とした関係です。「関係」のない愛はすべて自分に還元されます。勝手に誰かを好きになって、盛り上がって、そこで生じたプラスのエネルギーを自分に取り込んで自分で消費してしまうのが「片思い」です。正しい恋は通じ合うものです。その他のものは錯覚と呼びましょう。


 どんなに頑張っても思いが通じない恋は、天に道を閉ざされているのです。最初から運命が引き合わせてくれないのですから、その理由は何かを考えてください。「こんなに魅力を感じる人なんて、そう簡単には見つからないのに! 顔も性格もパーフェクト!」とは思えても、何よりも相手があなたに強く魅了されない場合は「大ハズレ」です。


 いつも片思いばかりで、なかなか恋人ができないという人もいます。片思いをくり返す人は、基本的に恋愛する準備ができていないのかもしれません。「恋愛したい」というアイデアばかりが先走って、実際は恋愛で失敗するリスクを恐れて、手に入らない相手を愛情の対象としていることがあります。恋愛に自分のペースを乱されたくない、振り回されたくないなどの逃げの気持ちで、「安全な片思い」を選んでいるかもしれません。


 恋人ができない自分はダメな人間なんだ…と自信がなくなってしまうかもしれませんが、こんなときは、自尊心を強く持って活用してください。

 自尊心を強く持つためには、自分を愛してあげることから始めましょう。そして、「自分をとことん愛してくれる人」を探して、自分もとことん愛する努力をする決心をしてください。「自分を愛してくれる人に会わせてください」とお祈りをしましょう。お祈りの際には、相手が出現した場合に、自分が責任をもってとことん付き合う約束もしてください。

 すると、あなたが自分自身のことをどう思おうと、あなたを愛してくれる人が必ず現われます。あなたの魂が磨かれていれば、その魂を求めてくれる人が必ず出てきます。恋人ができないのは、たまたまその人があなたの魂の相手ではないというだけで、あなたが恋人ができない人間なのではありません。自信のある人や容姿端麗な人、お金持ちの人だけが幸せな恋愛をするのではなく、自分の片割れのような人を探し当てた人が幸せな恋愛、結婚をしているのです。自分が存在するなら、自分の片割れも存在するはずです。

 あなたの直感を研ぎ澄まして、本命の相手を見つけることを考えてください。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
58
残り:0文字/本文:1496文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次