読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1043021
0
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「自己愛」「勝手な愛」「無条件の愛」「無償の愛」そして「関係」について

『自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本』
[著]原田真裕美 [発行]青春出版社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 恋愛は人を無償に愛せるようになるための練習です。私たちは恋愛経験によって成長し、いずれ親として子供に無償の愛を捧げられるようになります。または親になったときに、誰に対する愛よりも、子供に対する愛情が最も深いことを知らされます。

 ここで、自分だけを愛する「自己愛」、一方的に愛する「勝手な愛」、どんなに悪い立場に立たされても無条件に愛する「無条件の愛」、愛することそのものが報いとなる「無償の愛」について、そして恋愛、結婚の「関係」についてお話ししましょう。
「勝手な愛」や「無条件の愛」「無償の愛」は、自分を満足させるためという意味では、すべて「自己愛」と言えるかもしれませんが、ここでは自分だけを愛することを「自己愛」とします。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2319文字/本文:2634文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次