読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043026
0
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Rule3 「貸して」と言われると断われない。「返して」と言えないのは恐怖心のせいです

『自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本』
[著]原田真裕美 [発行]青春出版社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人間関係を壊したくないから等の恐怖心によって、お金を貸すのは間違いです。何事においても、恐怖心から決断する答えは間違っていると考えてよいでしょう。

 お金は信用のバロメーターです。心の底から信用のおける人や、お金には代えられない価値ある関係の人にお金を貸す場合は、最初から返してなどと言うつもりもなく、お金をあげるくらいのつもりで貸してあげることでしょう。


 その他の場合は、金融業者でもない限り、基本的に他人にお金を貸さなければいけない理由などありません。もともとないお金を使おうとする人のほうがどうにかしているのです。ですから、お金を貸した後で、同じく恐怖心から、「返して」と言えないのも間違いです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1531文字/本文:1832文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次