読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043053
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
領土問題に見る官僚・インテリの無能ぶり

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ここでアジア地域における領土問題の紛糾について考えてみよう。


 近年、特に中国との領土紛争についての、官僚の無能ぶりは目に余る。官僚やいわゆるインテリ系統の人と話していると、二〇一二年に石原慎太郎(当時東京都知事)がぶち上げた「尖閣諸島購入計画」とそれを受けての日本政府による国有化を批判する類の人が目につく。「石原が悪い。石原が余計なことをしたから、日中関係がわざわざこじれた」などと石原を悪者にする意見だ。


 官僚やインテリは、中国に幻想を持っているうえ、対立すること自体がよくないという予断を持っている人が多いように見える。こうした胆力の弱さが、彼らの最大の問題である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1341文字/本文:1628文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次