読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043065
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
1
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「シナ」という呼称の正当性

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 よく言われる「中国四〇〇〇年の歴史」は、漢文化の歴史ということだから「シナ四〇〇〇年の歴史」というのが正しい。中国語もシナ語、地理的な中国大陸はシナである。


 戦後「シナ」は差別用語とされてほとんどの分野で抹消された。以前「シナ」と呼ばれたものは戦後、機械的一律に「中国」と読み替えるようになった。だが、これは論理的・学術的に見て正しくない。


 欧米言語では歴史的帝国も現代国家も一律に「シナ」と呼ぶ。英語でChinaはチャイナだが歴史的には「シナ」と発音すべきものだし、実際に現代オランダ語とポルトガル語ではChinaと書いてシナと発音する。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1378文字/本文:1649文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次