読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043066
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
極端なモラルの低下

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一九一二年以外にも、戦後中国国家の時代的変化に着目する必要がある。一九七〇年代と二〇〇〇年代の中国を比べた場合、(あり)(てい)にいって、最近の中国の指導者および文化レベルは著しく劣化した、と筆者は考える。


 第一、国民レベルで最低限のモラルが崩壊している。もっとも一九七〇年代から中国をウオッチしているあるベテランによれば、「中国人の本質は、当時から利己主義的であり、実際には変わっていない」ともいうが、筆者が一九八九年に中国広東(かんとん)省に入ったときには、まだまだ純朴で正直なところを感じた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1036文字/本文:1288文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次