読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043079
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
返還後の香港

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 香港の地位はもともと独特だった。これは一八四〇年に第一次アヘン戦争で清国が敗北し、香港島を英国に割譲したのが始まりだ。香港は英国植民地の自由貿易港となり、二〇世紀に入ってから中継貿易で発展した。長く中国であるようでそうではないところだったが、一九九七年、中国に「返還」された。


 その後は「中華人民共和国香港特別行政区」(香港特区)として、中国内地(本土)と異なる英国式制度を維持し、「一国両制(一国二制度)」のモデルとされる。ただし陰に陽に中国の圧力を感じるため、言論の自由は萎縮しがちで、一九九〇年代以前のようなアジアの文化発信地としての地位は失われた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1301文字/本文:1580文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次