読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043087
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
独特の“左・右”概念

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本の左右、今でいう保守とリベラルも独特だが、韓国の左右の概念もきわめて独自で独特なものだ。言語についてもそうだが、顔つきや制度が近いために、日本人は往々にして日本のあり方を韓国に投影して勘違いしてしまう。韓国では左側のほうが反日だと思い込んだりする。


 ところが、韓国の左右は日本の左右とは異なる。


 韓国における「保守」「右」とは、親米・国家主義(戦後の大韓民国の枠組み重視・競争志向・新自由主義)をいう。系譜を辿れば一九八〇年代までの軍事独裁政権を受け継いでいるが、現在はむしろ民主化運動勢力から派生した「ニューライト」の影響力が強い。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1311文字/本文:1581文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次