読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043095
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
北朝鮮をどう考えるべきか

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 最後に北朝鮮にも触れておこう。


 北朝鮮は、日本でもよく知られているように、極度に閉鎖的な独裁国家である。言論の自由は統制され、少しでも体制を批判すれば逮捕され、裁判もなしにろくな設備もない収容所に投獄される恐怖の体制である。


 ただし世界にはまだまだ北朝鮮と同様の恐怖政治体制がいくつか存在している。アフリカの赤道ギニア、スーダン、ジンバブエ、国としては崩壊しているが狂信主義者が支配するソマリアの一部、それからなぜか今の日本人の多くは意識していないが、中国も北朝鮮と同類の独裁体制である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:518文字/本文:763文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次