読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1043115
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「華人」は中国人ではない

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アジア経済・ビジネスを語る場合、「()(じん)」と呼ばれる「中国系住民」を避けて通ることはできない。日本では「中国系」「中華系」「()(きよう)」などと呼ばれることが多い。しかし当人たちは「()(じん)ホアレン)」、さらに若い世代については「()(えい)ホアイー)」という言い方をする。


 本来の定義では、「華僑」が「中国籍を持っている海外住民」のことを指すのに対して「華人」というは「それぞれの居住国の国籍を持つ漢民族系住民」を指す。


 また華人について「父祖の地の中国と関係が深い」かのような見方をする人が多い。特に、東南アジアの土着民族から見れば後からやってきた移民の華人が「中国の手先」のように見えるし、そうやって批判したり迫害したりすることもある。


 だが、今の東南アジア諸国において華人はあくまでも現地国民であって、中国在外国民ではない。国家としての忠誠の対象は中国ではなくて、居住国にある。南シナ海の領土紛争についても華人が中国の肩を持つことはなく、居住国の立場を支持するのが普通である。さらに若い世代ともなると、むしろ中国や中国人が嫌いで、中国人と同一視されたくないという意識が強くなっている。そうなると起源がどうであれ、もはや「中国系」だの「華僑」だのと呼ぶべきではない。


 だから、われわれもちゃんと「華人」と呼び、中国とは切り離して考えるべきである。


 もっとも華人とは何か、その範囲や人口は、実ははっきりしない。というのも、まさに「居住国国民」になっており、居住国が「民族別」の人口統計を取っていないためだ。だから研究者の推計によるしかないし、それが人によってまちまちだ。次の表は、シンガポール在住のインドネシア華人の研究者レオ・スリャディナタによる一九九〇年現在の推定数字である。




 また、一口に「華人」といっても、個人、地域、世代によって様々で、十把一絡げに論じられるものではない。まして「華人ネットワーク」なるものが存在するなどというのは、一種のフィクションの世界である。


 たとえば、華人人口比率が低いインドネシアやタイやフィリピンの場合は、三〇代以下は、華語はおろか、それぞれの父祖の出身地の地方語も話せず、現地の公用語・国語しか知らないほうが多い。


 一方、華人の人口比が比較的高いマレーシアだと中高年は地方語と、まれに華語ができるが、若い世代は華語と英語になっている。ただしそれも人や地域によって異なり、若い華人で華語しかできないもの、華語と英語ができてもマレー語が苦手なもの(これが一番多いと思われる)、華語と地方語、英語、マレー語のいずれもできるもの、華語と地方語が苦手で、英語とマレー語ができるものなど、様々だ。たとえば、華人が多いペナンでは福建語が主体で、マラッカは本来福建語だったが、現在は華語が主体だ。


 シンガポールでは三〇代以下は華語と英語、もしくは華語だけ、あるいは英語だけで、中高年は英語や華語ができないことはないが、福建語を常用する人が多い。


 またマレーシアとシンガポールの両方について言えることだが、華語や地方語が話せても、華語の文章が読めたり作文ができたりするわけではない。文章、特にメールのやり取りとなると英語が主流となる。


 加えて、福建語など地方語を常用する中高年であっても、福建語で話せるのは日常生活の話題に限られる。込み入った話や学術的な話は最初からできないか、華語か英語か現地公用語を使うことになる。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1443文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次