読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043129
0
アジア 反日と親日の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
マレーシア

『アジア 反日と親日の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



アジアを代表する多民族社会


 マレーシアは現在東南アジアでは一人当たりのGDPが最も高く、生活水準も相対的に高いところである。


 あまり注目されないが、タイと同じく立憲君主制国家で、各州のスルタン(地方君主)が輪番で「国王」になる仕組みだ。だがタイに比べると各君主家は土着のマレー系の間では尊敬されているが、存在感は薄い。その分、首相の存在感や権限が強い。


 この国の特徴は、民族・文化の多様性が明確なところである。アジアの多くの国では多民族・多文化であっても、実際には中核となる民族の色が強く、他の多くの民族は少数民族として存在感が薄い(中国が典型)のに対して、マレーシアの場合は中核のブミプトラ(土地の子の意味、マレー系)が六七と最も多いが、少数派の華人も二五、インド系も七などと、日常的にも無視できない比率だ。また当然それぞれの混血も存在するし、少数のポルトガル系、オランダ系も存在する。


 宗教もブミプトラの多くは、イスラーム教スンナ派だが、東マレーシアではキリスト教や土着信仰もある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3893文字/本文:4339文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次