読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1043439
0
日本人が知らなかった歴史の顛末
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
エレキテル製作後、平賀源内はどうなったのか

『日本人が知らなかった歴史の顛末』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「秀才」は恵まれた環境の中でしかるべき教育を受けて育つが、「天才」は空から降ってくるように突如として現れるという。これは平賀源内にこそ当てはまる言葉である。

 源内はつねに新奇なことを好み、自らの興味の趣くままに博物学、化学、戯作(げさく)、浄瑠璃、絵画……と様々なことに手を出した。どれをとっても一流で、まさに、万能の天才であった。なかでも、源内の代表的な功績に「エレキテル」(摩擦起電機)の製作がある。このとき、源内四十九歳。これを絶頂期とするなら、その後亡くなるまでの三年間は一転して地獄の日々だった。一体、功成り名を遂げた源内に何が起こったのだろうか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1774文字/本文:2053文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次