読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1043447
0
日本人が知らなかった歴史の顛末
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
画期的な外科手術を成功させた華岡青洲を待っていた運命とは

『日本人が知らなかった歴史の顛末』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 一八〇五年(文化二)十月十三日、日本の、いや世界の医学界で初めてという外科手術がこの日成功している。場所は紀伊国上那賀郡(かみなかぐん)平山村(和歌山県那賀町)、執刀した医師の名は華岡青洲。手術は全身麻酔による乳癌の摘出だった。この画期的な手術を成功させたことで、いちやく日本一の外科医と称された青洲。その後、彼はどんな人生を歩んだのだろうか。

 この当時、外科治療といっても麻酔が無く、患者は激しい苦痛に耐えねばならなかった。そのため手術中にショックで亡くなることも珍しくなかった。青洲は、これを打開するには麻酔によって患者を眠らせ、その間に治療するしか方法はないと考えた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1231文字/本文:1519文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次