読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1043450
0
日本人が知らなかった歴史の顛末
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
徳川家に嫁いだ皇女和宮が明治維新でとった意外な行動とは

『日本人が知らなかった歴史の顛末』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 幕末、尊皇攘夷(そんのうじょうい)を旗印に掲げる過激派の間で倒幕の気運が盛り上がっていた。その力をそぐために幕府がひねり出した一発逆転の秘策が「公武合体」、すなわち天皇家と徳川家との政略結婚であった。対立する両者が和睦(わぼく)することで政局の安定を図ろうとしたのである。

 ときの将軍は紀州家から来た十四代家茂(いえもち)。その結婚相手として白羽の矢が立ったのが、皇女和宮(かずのみや)であった。運命の波に抗うこともならず、婚約者との仲を引き裂かれ、嫌々徳川家に嫁いだ和宮。一体、その後の彼女にどんな運命が待ち受けていたのだろうか。

 和宮は一八四六年(弘化三)(うるう)五月、仁孝(にんこう)天皇の第八皇女として誕生した。仁孝帝は七男八女を成したが大半は夭逝(ようせい)し、成人したのは和宮と、姉にあたる敏宮、兄でのちの孝明(こうめい)天皇の三人のみだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2816文字/本文:3197文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次