読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1043563
0
その歴史常識にはウラがある!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
蜂須賀小六は野盗だったわけではない

『その歴史常識にはウラがある!』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 蜂須賀小六は、秀吉に長く仕えて武功を重ね、ついに阿波一国を与えられるまでに出世した人物だが、そもそも、小六の立身出世ストーリーがこれほど有名になったのは、秀吉との出会いのシーンがじつに印象的なものだからだ。

 一般に知られている説によると、若い秀吉が三河を放浪していたとき、矢作川の橋の上で野盗の親分だった小六一味に出会ったという。しかし、前述したように、この話は根も葉もない作り話だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:397文字/本文:590文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次