読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1043854
0
知られざる日本史 あの人の「幕引き」
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大隈重信【一八三八(天保九)〜一九二二(大正一一)】

『知られざる日本史 あの人の「幕引き」』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

明治・大正時代の政治家。板垣退助らと憲政党を結成し、初の政党内閣を組織して内閣総理大臣となる。早稲田大学の創設者でもある。

■斎場で沿道で、一八〇万人の国民に見送られた政治家


 大隈重信(おおくましげのぶ)は、一九一六(大正五)年に七九歳で内閣総理大臣の職を辞すと、かねてからの念願であった「東西文明の調和」の研究に着手した。早稲田大学の塩沢昌貞(しおざわまさただ)学長に相談をもちかけ、西洋文明については金子馬治(かねこうまじ)、東洋文明については牧野謙次郎の両教授を推奨されて、毎週一回、自分の書斎で研究会を行ったのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:798文字/本文:1060文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次