読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1044120
0
キャバクラ嬢行政書士の事件簿2
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第2話 「セックスレス」元キャバ嬢の離婚問題〜ADRと離婚合意書の話〜

『キャバクラ嬢行政書士の事件簿2』
[著]杉沢志乃 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:38分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

第2話 「セックスレス」元キャバ嬢の離婚問題~ADRと離婚合意書の話~



 いつも通り早めに出勤したサキを見つけ、「ちょいとお前さん」と店長が手招きした。事務室に行って座るや否や、店長が情けない声で、「サキちゃーん、またお願いなんだけどなあ」と言った。
「はあ、なんでしょうか」

 サキはなんとなく嫌な気配を感じて、慎重に聞いた。

 加藤店長は深刻な顔をつくって腕組みし、
「うちは黒服とホステスの恋愛オーケーということになっている」と、今度は重々しく言った。
「ええ」
「それが本気の恋愛ならね。で、実際、付き合って結婚し、卒業していったのもいるんだ」
「ええ、なんか伝説のようにちょっと聞いてますけど」
「その中の一組なんだが、この前連絡があって……今度離婚しちゃうんだってさ?」
「あれま」

 店長は、再びたらたら調子に戻って話し続けた。
「電話でいろいろ聞いたんだけどね。まあいろいろ事情はあるんだけど、♪別れたいのに別れられない、っていう感じらしいの」
「どういうことです?」
「あいつらは、バカだけどまともな奴らでね、ちゃんと別れる意志は決まってて、♪恨みっこなーしで別れましょうね、ってことになってるそうなんだ」
「はあ」

 ─いつ頃の曲なんだろ。クオレがカラオケありなら、私も詳しくなってるんだろうけど─

 店長の言葉に入っているメロディの方に気を取られて、サキはそんなことを思っていた。
「で、だ」
「は、はい」
「なんで別れられないのって聞いたら、飼ってる犬のせいだって言うからお笑いじゃないの」
「はあ?」
「犬飼ってて、別れると一緒に暮らせなくなるから、だから別れられないんだって」
「ああ、なるほどー。でもなんとなくわかりますよ、子供みたいなもんですもん」
「だろ? なあ、俺の見る目は正確なんだよ」
「え?」
「ということで、なんとなく彼らの気持ちがわかるサキちゃん、事情聞いてきてくれないかな」
「えええええええ 」
「気のせいか、不満そうなんだけど」
「だって、そんな大変な話、私なんかが口出ししても」
「行政書士じゃん。犬がかわいいのは関係ありません、とか法的にきっちり話してさ」
「ぜんぜん法的じゃないじゃん……」
「この前、欠勤した時のペナルティ、チャラにしてあげるから」
「やらせていただきます」

 

 店がはけると、さっそくサキは「卑弥呼」に行って愚痴をこぼした。
「そんなわけで、私が間に入ることになったのです。ああ、なんでこんな厄介なことに!」
「ペナルティ逃れで受けた自分がいけないんじゃん」と日美子は、カウンターの向こうで素っ気なく言った。
「だって欠勤の一日分が出るんだよ、行政書士の仕事するのと同じくらいお金になるんだもん」
「そりゃそうだね」
「もう、ほんとキビシイんだから」
「でもほかの店なんて、遅刻したら日割りの二十パー引きだ、欠勤は二百パーだ、無断欠勤なんか五百パーだとかあるってよ」
「うわあ、もうイジメの世界じゃない」
「キャバクラって、お客さんがいつ来ても指名の子がいるってのが当然じゃん。 いないとお客さん、もう来なくなっちゃう可能性大だからさ」
「それはわかるけど、でも歌舞伎町の知り合いのとこなんか、そんなことないってよ」
「ふうん」
「指名バシバシ取ってる子なんだけど、生理がキツくて周りが黄色く見えるんでお休みします、でオーケーだって」
「ぷっ」
「いいなあ」
「六本木はキビシイんじゃないかな? ま、クオレは普通な方でしょ」
「そりゃねえ、普通でなけりゃもう辞めてます」
「私は辞めました。はっはっは」
「日美子ちゃんは円満退社じゃん」
「寿退社じゃないけどね」

 二人で笑ったあと、日美子が聞いた。
「で、普通ならいくらになるの、さっきの離婚の話」

 サキは途端にぶすくれた。
「離婚合意書とか作って、その文書作成代だけだから安い」
「だって、いっぱい時間かけて、話まとめるわけでしょ。その分のお金は」
「取れない」
「なんでよ」
「取っちゃいけないことになってるんだもん!」
「だから、なんで」
「知らなーい。そんなの、お上に聞いてよ」
「おかしいじゃん」
「おかしいよ」
「ならどうして直らないわけ」
「それが現実ってわけ」
「そんなこと、政府が許してもオテントさんが許さないよ」

 サキはちょっと笑って、「そのうち直ると思うんだけど」とつぶやき、マンゴージュースを飲んだ。

 そこらの果汁五%なんてやつじゃなく、半分はマンゴーでできている本格派だ。

 値段は千円と高めだが、夜の女にとってはおいしさと健康の方が大切。

 ─この辺が日美子ちゃんのセンスだよなあ─

 そんなことを思いながら日美子を見ていると、なにやらまだ不満そうな顔をして
「しっかし、おかしいね」
「行政書士みーんな、おかしいって言ってるみたいだよ」
「そりゃそうでしょ」
「ADRって言ってね」
「なにそれ」
「裁判外紛争解決手続。今回の離婚合意なんかモロにそうだけど、裁判所を通さずADRに当事者同士で問題解決することを っていうの。これって弁護士さんもできるんだけど、行政書士にぴったしなんだよね」
「ふんふん」
「行政書士はどちらにも偏らずに問題解決の手助けをするわけよ。法的な知識はあるわけだし」
「ま、合意書作る過程で ADRしてるんだから、その分、多めにもらったりするみたいだけど、なんか後ろ暗いじゃん」
「はは、なるほどねえ」
「だからちゃんと法的にできるようになればね~」
「なるほど。いろいろ難しいねえ」
「いろいろあるわけよ、オミズのお仕事と同じように」

 その日は、ずっと二人で話していて、サキは朝の六時まで卑弥呼にへばりついていた。


 マンションのドアが聞いて、丸顔で愛想のいい女の人が「いらっしゃーい」とサキを迎えた。
「はじめまして。クオレの加藤店長から……」
「はいはい、聞いてます。どうも面倒なことですみませんねえ」

 歳は三十くらい、サバサバと明るい女の人で、サキは一気に好感を持った。

 部屋は 2LDKで、ゲームがテレビ台の下に無造作に突っ込んであったりして、そこここが乱雑になっていたが、不潔ではない。
「どうもどうも」と出迎えた男性は、こちらも三十歳くらいの、かなり太った愛想のいい人だった。
「クオレ時代、加藤さんにはすごくお世話になっちゃって。また手間かけちゃって申し訳ないんだけど、なんかね」と奥さんに向かって言った。
「そう、父親みたいなの」

 奥さんも笑って言った。

 サキは名刺を渡して、リビングのソファに腰を下ろした。

 と、目の前にでん、とある大きな犬用ベッドの上に寝ている、灰色の生き物に気づいた。
「あ、この子が店長の言ってた……」とサキは言ってから、しまった、いきなり本題に入っちゃった、と言葉を濁した。

 しかし二人ともまったく意に介さず、「あ、そうそう、チャッピーちゃん。ブルテリアって言うんですよ」とかわいくて仕方ないように眼を細め、奥さんが言った。
「チャッピー、チャッピーちゃん」と、動物はなんでも好きなサキが呼びかけると、チャッピーはむくりと顔を上げた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:15688文字/本文:18532文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次