読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1044188
0
その常識にはウラがある!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
エジソンは殴られて耳が悪くなった 伝記とは正反対のエジソン自身の証言

『その常識にはウラがある!』
[編]話題の達人倶楽部 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 発明王トマス・エジソンは、蓄音機、印字電信機、炭素電話機、白熱灯電球、アルカリ蓄電池など、多くの発明を成しとげた人物である。

 世界に名だたる偉大な発明王だけあって、エジソンにまつわるエピソードは数限りないが、中には間違って伝えられているものがある。

 エジソンの耳が少年時代に聞こえなくなった話も、その1つだ。

 エジソンは12歳のころから、家計を助けるため、列車で新聞や飲食物の売り子をし、仕事の合間を縫っては、列車内で実験を重ねていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:435文字/本文:654文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次