読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1044455
0
男と女の「迷信」がズバリ!わかる本
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2――昔から“男の強さ”はここに出ると言われるが……

『男と女の「迷信」がズバリ!わかる本』
[編]運命の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:19分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

――「若ハゲは絶倫」にはれっきとした根拠がある!


【男には打ち止めがある】の根拠って?


 アダルトビデオにヘアヌード写真集、あの手この手の趣向を()らした風俗店など、いまの世の中、男性を刺激するものがあふれている。そこで、好奇心旺盛な若者たちがそういったものに群がって遊んだあげく、男盛りを迎えるころには役立たず、インポテンツに悩むケースがふえているという。

 なかには「男には打ち止めがある」という俗説を信じ「若いうちにつかいすぎた」としきりに()やむ人もいるようだが、生理学的には、精子の製造が打ち止めになるのは、病気以外には考えられないことなのだ。

 一回の射精で二億から三億個の精子が放出されると聞けば「つかいすぎてなくなってしまった」と早トチリするのも無理はないが、むしろ若いころにせっせと精子を放出したほうが、製造能力は長持ちするといわれている。

 現代社会においてインポテンツに悩む男性が多いのは、ストレスと、若いころに過剰な刺激を受けすぎているということが原因、という説が有力になっている。


【若ハゲは絶倫】の根拠って?


 頭髪は、女性ホルモンにコントロールされている。頭髪がすくない、あるいは「ない」のは、女性ホルモンがすくないからである。別の言い方をすれば、旺盛な男性ホルモンが、女性ホルモンを抑えているからともいえる。

 つまり「若ハゲ」は、男性ホルモンが旺盛な証拠であり、「若ハゲは絶倫」という説は、ここから生まれてきた。

 また「若ハゲは絶倫」説を、別の視点から証明した人がいる。

 ドイツのババリア地方にある世界的に知られた『マックス・プランク行動生理学研究所』のエバハルト・ギウナー博士だ。

 彼はスズメの頭に帽子をかぶせる実験で、それを実証したという。

 この実験でスズメがかぶった帽子には、ふたつの種類があった。ひとつは、光を遮断するニカワ状の塗料が塗られたもので、もうひとつは、光を透す塗料が塗られたもの。

 このような二種類の帽子をスズメにかぶせ、一日一六時間にわたって光を当てる実験をおこなったところ、光を遮断する帽子をかぶったスズメにはなんの変化もみられなかったが、光を透す帽子をかぶったスズメの生殖腺(せいしょくせん)(卵巣および精巣。つまり精殖巣のことだが、卵・精子をつくるだけでなく性ホルモンも分泌する)はあきらかに肥大化したという。

 つまり、スズメは光にたいして性的な反応を示したわけだ。ここから、性的能力と光とは関係があることがわかり、光を地肌で直接浴びることのできる「ハゲ」ほど、性的な能力が高いという結論に達したわけだ。

 しかし、最近の「若ハゲ」には、ストレスが原因で脱毛したという人も多い。こういう人の場合は「絶倫」どころか「インポテンツ」に悩んでいる場合も多いため、街を歩く「若ハゲ」の男性をみて、「まあ、強そう」と、安易に判断するのは考えものだ。


【鼻の大きい男は、アソコも大きい】の根拠って?


 スケベなオバさんのなかには、鼻の大きい男性をみると、ニヤリと笑って「まあ、立派な鼻ねぇ」という人がいる。むかしから、鼻の大きい男は、アソコも大きいというからである。ところがこの説、医学的な根拠は、まったくない。

 それは、鼻の大きな男性自身が、いちばんよく知っているはず。じっさい、鼻の大きな男性は、アソコも大きいという人ばかりではない。

 日本男性の平均は、ボッキしたときで、長さ約一二センチ、周囲一〇・五センチとされている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7886文字/本文:9317文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次