読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1044908
0
双葉十三郎WORKS 8 ジャンル別代表作への招待(上)
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ハリウッドの夢と栄光よ永遠に!

『双葉十三郎WORKS 8 ジャンル別代表作への招待(上)』
[著]双葉十三郎 [発行]近代映画社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ミュージカル映画スター第一号アル・ジョルスンの出世談「ジョルスン物語」(47年)のリヴァイヴァル、二本立興行の楽しさをよみがえらせた「ブルックリン物語」(78年)に続いて「悲愁」(79年)が登場。そこでこの項はハリウッドを描いた映画のオンパレード。


ゲラゲラ笑ってスターになろう



 まずハリウッドの夜空にかがやくスターの話からはじめよう。

 スターになるにはどうしたらいいか。無名の青年や乙女だったら、この夢の都へ出かけて機会を待たなければならない。戦前のグッド・オールド・デイズには、エキストラになったりどこかの店で働いたりしているところをひょんなことから認められたり、わがままスターのスタンド・インになってさんざんいじめられているうちに、そのスターが何かの事故でダウンして代りに主演に抜擢され大成功、というハッピーな映画がいっぱいだった。現実的でせちがらくなった戦後には、そんな映画がまるですくなくなってしまったが、まったくなくなったわけではない。そこで四つの時代を代表する四本の作品を選ぶと、まずハリウッドの少年時代、連続活劇華やかなりし頃を扱った「ポーリンの冒険」(47年)は連続活劇の女王と言われたパール・ホワイトの伝記で、ベティ・ハットン扮する彼女が母親と撮影所に出かけるが、勝手がわからないので撮影中のセットに入りこみてんやわんやの大騒動。その勇ましさを認められてスターへの一歩をふみ出す。憧れのスターに熱をあげるお笑いなども含まれているが、一番愉快だったのはこの撮影所の場面である。

 サイレント映画の黄金時代では、人間でなく動物スターの出世珍談「名犬ウォン・トン・トン」(76年)を代表としたい。有名なワンワン・スターだったリン・ティン・ティンのパロディで、ときは一九二四年、スター志願のマデリーン・カーンが撮影所へテストを受けに行くと、連れていった愛犬が大あばれ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3988文字/本文:4777文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次