読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1045200
0
世界史の舞台裏
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
コロンブスは、なぜアメリカをアジアだと思い込んだ?

『世界史の舞台裏』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 イタリア・ジェノバ生まれのクリストファー・コロンブス(一四五一〜一五〇六)は、アメリカ大陸にいち早く到達した大航海時代のヒーローである。

 しかし、彼自身は、自分が発見した土地が「新大陸」だとは考えもしなかった。アメリカ大陸の先住民が「インディアン」「インディオ」と呼ばれてきたことからもわかる通り、コロンブスは、自分が見つけた地を「インド」と信じて疑わなかったのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:595文字/本文:781文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次