読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1046158
0
跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
新幹線の雨

『跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること』
[著]東田直樹 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ





 新幹線に乗っている時の雨は、とても神秘的です。

「横殴りの雨」という表現がありますが、横一線に流れる雨粒が見られるのは、新幹線に乗った時だけではないでしょうか。


 それだけ速いスピードで移動しているからだと、理屈ではわかります。けれども、僕にはこの雨が、特別なメッセージを伝えてくれているような気がしてならないのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:555文字/本文:713文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次