読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1046319
0
お客に言えない食べ物のウラ事情
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【赤玉卵】赤玉が人気でも、なかなか流通量が増えない理由

『お客に言えない食べ物のウラ事情』
[編]マル秘情報取材班 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 スーパーなどの店頭に並ぶ卵には、殻が白いものと赤いものと、二つのタイプがあるが、そもそも殻の色の違いはなぜ生まれるのだろうか?

 答えは簡単で、親鳥の品種が違うから。

 日本で、主に流通している白玉を産むのは、イタリアはリヴォルノ市(英語名レグホーン)を原産とする「白色レグホーン」という品種。

 一方、最近人気の赤玉は、褐色の羽毛の「ロードアイランドレッド」をはじめとする、赤玉鶏が産む卵だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:502文字/本文:697文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次