読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1046348
0
お客に言えない食べ物のウラ事情
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【イワシ】値段の交渉中にも値段が下がる裏側

『お客に言えない食べ物のウラ事情』
[編]マル秘情報取材班 [発行]青春出版社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 イワシといえば、大衆魚の中でも代表的な存在だった。寿司屋で「イワシ」と注文するときも値段の心配をする必要はなかった。実際、かつては、あまりにたくさん取れすぎて余るので、魚好きのネコさえそっぽを向いてしまう「ネコまたぎ」とバカにされたこともあった。

 ところが、平成になってから、マイワシの漁獲量は減る一方で、一転して貴重な魚となった。漁業関係者の中には「このままいけば、幻の魚となるかも」という人までいる。

 しかし、漁獲量は少なくなっているといっても、イワシの値段は驚くほどには上がっていない。トロと同じお金を払ってまでイワシを食べようという消費者は、少ないからである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1308文字/本文:1593文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次