読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1046792
0
「できる社長」のお金の使い方
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
社員が命をかける会社とは

『「できる社長」のお金の使い方』
[著]金児昭 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「できる社長」は、お客さまの心も社員の心も協力会社の人たちの心もつかんで離しません。「誠実でなければ、どれほど仕事ができても、どこかで破綻するし、温かな心がなければ、人はついてこない」と考え、公言し、実行しています。

 日本の会社のすばらしさを問われて、「長期的な視点、会社への忠誠心、顧客志向」を挙げたイギリスの大企業の経営者がいましたが、「できる社長」は、世界中の子会社、孫会社でこれを実行し、「愛社精神に国境はない」と感謝し、胸を張ります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:614文字/本文:836文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次