読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1047614
0
「イベント実務」がよくわかる本
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
[9]会場警護

『「イベント実務」がよくわかる本』
[著]平野暁臣 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

快適に安心してイベントを楽しんでもらうために


 イベントによっては、国内外からの貴賓やさまざまな要人をお迎えすることがあります。皇室関係者の参列が恒例となっているイベントも少なくありませんし、国が賓客として迎える海外の要人がイベントに立ち寄ることも珍しいことではありません。


 そうした場合、主催者が警護業務にできる限り協力すべきことは当然です。もちろん、警護を行う主体はあくまで警察ですが、観客の整理・誘導をはじめ、主催者として会場内で対応すべきことも数多くあります。言い換えれば、イベント会場のなかでは、儀典関係者(政府・県の担当者など)、警察、主催者の三者(既存施設を会場とするイベントでは施設管理者を加えた四者)が共同で要人の受け入れに当たらなければならないのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2010文字/本文:2349文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次