読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1047864
0
新装版 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術
2
0
6
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ペンタゴン・NSA・グーグルの「神の脳」プロジェクト

『新装版 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
6
| |
文字サイズ



 ここまで“闇の支配者”たちが、重要な技術をいかに一般民衆から奪い、隠してきたかを見てきた。かき集めた科学知識をひそかに培養し、人類を家畜同様の奴隷に貶めようとする壮大な計画があることを紹介してきた。この現実を知った読者は、自分の無力さを感じているかもしれない。


 ただし、完全にあきらめるのは早い。権力内部にも影響をおよぼすかもしれない、新しい動きが起きているからだ。その鍵を握るのが「超能力」である。これが皆さんの持っているコンピューターとも結びつくことで、当初の意図とは違った威力を発揮しようとしている。


 盗聴や監視カメラの設置などを通じて、一般人を監視する仕組みが強化されてきたことを前章で紹介した。彼らは最新技術を駆使して、地球全体を監視下に置こうとしている。その究極のプロジェクトが、ペンタゴンとNSA、そしてインターネットの世界的検索エンジンを開発したグーグル社が共同で取り組む情報集約事業である。これを「神の脳」プロジェクトと呼んでいる。


 グーグルの創業者、セルゲイ・ブリンは、同社の未来ビジョンを「神様の脳みそをつくること」と公言している。このプロジェクトは、すべての個人のパソコンや企業の持つコンピューターの情報を網羅しようとしている。そうなれば、わたしたちが毎日話していること、考えていること、何を買い、何を売っているかも、支配者から丸見えになる。エージェントが毎日ウェブ上を巡回し、われわれが何を検索しているか、どういう情報を持っているかを調べ、わずかな変化も追跡している。


 インターネット動画サイト「ユーチューブ」も情報収集手段として新たに加わった。すべての人間の動きは、完全に補足されるというわけだ。


 携帯電話も同様だ。電話で話している内容はもちろん、GPSを搭載していれば居場所もわかる。カメラを通して利用者が見ているものをスキャンする機能も、近いうちに組み込まれようとしている。バッテリーを外しても意味はない。ICチップを抜かない限り、防ぐことはできない。


 だから、わたしがどうしても秘密にしたいことを伝えるときは、内容を紙に書いて相手に見せ、そしてそれを食べる。アナログ以外のものは信用してはならない。


 彼らが集めようとしている情報はそれだけでない。世界中にある本や雑誌など、あらゆる活字媒体に記された情報を網羅する。そこには、絶版となった過去の本、公私文書、学術資料、文学作品も含まれる。




 また、地球のあらゆる場所にセンサーを入れ、全地球を探知できるようにする。現在同社が提供する「ストリート・ビュー」がプライバシーの扱いをめぐって物議を醸しているが、このプロジェクトでは、街中のみならず、海や空、地中にもカメラや計器を入れ、土壌の分析や海底の生態系も把握できるようにする。


 プロジェクトの主宰者はいわば、全知全能の存在になろうとしている。優秀な数学者をはじめとする科学者は、みんなそこへ吸収され始めている。この情報を一手に集める者は、神のごとき振る舞いを実現することができるだろう。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
6
残り:0文字/本文:1259文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次