読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1047951
0
戦後ヤクザ抗争史
2
0
59
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
新橋闇市抗争

『戦後ヤクザ抗争史』
[著]永田哲朗 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
59
| |
文字サイズ

昭和二十一年 東京都 関東松田組 華僑グループ

◆戦後の風雲児

 戦後のヤクザ抗争はヤクザ同士の縄張り争いなどではなく、ヤクザ対在日朝鮮人の〈戦争〉が幕開けだった。

 敗戦後間もなく、国鉄新橋駅西口を押さえたのは〈カッパの松〉こと松田義一の一派だった。彼らは、戦前から新橋から芝、三田にかけて暴れまわっていた愚連隊である。

 松田は一時大陸浪人だったこともあるが、敗戦直前に帰国し、敗戦の報を聞くや、さっそく上京して昔の仲間を集め、芝西久保桜川町に事務所を構えた。

 焦土と化した新橋駅周辺に早くもトタン屋根の露天が無数に立ち並んでいた。そして特攻帰りや得体の知れない連中が、勝手に露天からショバ代を取り立てていた。

 松田は強そうな相手を片っ端からゴロ(ケンカ)をかまして叩き伏せ、身内にしていった。復員軍人、元博徒、愚連隊などで膨れ上がった集団は、わずか四か月の間で千人を超す勢いとなり、昭和二十年十月、正式に「関東松田組」を名乗った。

 と同時に、松田組の者が縄張り内の露店から鑑札を配り、その控えもとっておいて、夕方、ショバ代を徴収する仕組みで、新橋周辺だけでも千五百軒からある露天のカスリが米一日一升マス一杯といわれ、これを松田が半分とり、残りを子分たちに配分した。

 このように巨大化した松田組を野良犬のようにしておくわけにはいかず、飯島一家二代目新井幸太郎親分、生井一家六代目・篠原縫殿之輔親分らの取り持ちで、引退したテキ屋・松坂屋五代目の跡目に据えることにした。

 昭和二十年十二月、関八州の有力親分衆数十人が集まって盛大な襲名披露がおこなわれ、松田は名実ともに全国の業界に通用する親分となったのである。

 松田は西口広場に「新橋新生マーケット」を建設して露天商を収容し、ゆくゆくはデパート化する構想を持っていた。そして二十一年三月には建設に着手したのだが、ここで問題が起こった。

 新橋闇市には日本人だけでなく、台湾省民の露天もあったから、マーケット計画には当然、入居権を主張してきた。それが当初の十五戸分から、図に乗ってマーケットの予定四百戸分の四分の一、すなわち百戸を要求するまでにエスカレートした。

 これではワリが合わないと考えた松田は、要求を拒否。交渉決裂で華僑側は「マーケットの利権を一人占めにはさせない」と、態度を硬化させた。

 そんな最中の同年六月十日、松田組長は元弟分の男に組本部で射殺された。享年三十五。

 二千人の配下を持ち、遠大な計画を進めていた戦後の風雲児のあまりにもあっけない最期だった。

 その初七日の六月十六日、芳子夫人が跡目を継ぐ。女親分第一号の誕生である。

 そして翌十七日、マーケット棟上式の場で第一回の衝突が起こった。
「工事を中止しろ」と、華僑二百人がトラック二台で乱入、愛宕署とMPが出動してその場で解散させた。その後双方で協議したがどちらも譲らず、小競り合いの末、七月十六日、華僑五十人ほどがマーケット建設現場を襲撃し、松田組組員一人が死亡、八人が重傷を負った。

 ただちに決死隊が華僑本部を襲い拳銃を乱射した後、日本刀で斬り込み、三人の重傷者を出した。さらに、華僑が仕返し、松田組がまた報復をするといった具合で〈決戦〉への雰囲気はますます高まった。

 松田芳子二代目組長は関八州の親分衆に檄を飛ばし、尾津喜之助、阿部重作、新井幸太郎、山本五郎、芝山益久、篠原縫殿之輔といった錚々たる親分衆が続々と戦列に加わり、各地からの助っ人を集めた日本部隊は約千五百人にのぼった。

 新橋の闇市の商人をはじめ、界隈の商店主も松田組支援に踏み切り、米や酒、ビール、餅、肉、野菜などの兵糧を提供した。

 しかし、千五百〜二千人の〈兵隊〉が集まったが、拳銃五十丁、日本刀数十振りでは、とても勝負にはならない。そこで手分けして武器集めに狂奔した結果、手に入れたのが実包七百五十発付きの飛竜(戦闘機)用旋回式機関銃だった。

 十九日、七台のトラックに分乗した華僑部隊三百人が虎ノ門を走ってきたのを発見し、射撃手が命令を待たずに機関銃の引き金を引いた。ところが、故障していたようで機関銃が止まらない。ついにMPが出動、四台の装甲車でヤクザ軍を包囲、解散させた。

 機関銃の故障が原因でケガ人は出ず、新橋での全面戦争はともかく回避され、日本ヤクザ連合軍の勝利という形で終結した。

 松田組二代目はその後、一年ほど女親分として顔を売ったが、二十二年七月、組を解散、堅気になった。しかし、不遇のうちに大阪に流れ、三十一年に病死した。原因は麻薬中毒ともいわれる。二十九歳の若さだった。

 義一初代親分といい芳子二代目といい、アブレゲール(はねっ返り者)を象徴するような生涯だった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
59
残り:0文字/本文:1933文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次