読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1048408
0
もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる
2
0
4
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
モテることはそう難しくありません

『もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる』
[著]大泉りか [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
4
| |
文字サイズ


女の扱い方のガイドブック

 いままで、『恋』と『セックス』の話をしてきましたが、ここで『愛』の話をしようと思います。


 女性誌の誌面では『愛されメイク』『愛されファッション』『愛され女子』といった言葉をよく見かけますが、なぜか男性向けのモテハウツーには『愛されること』があまりフィーチャーされることはありません。なぜでしょうか。

 けれども、「自分に自信がない」「モテないのは男らしさを持っていないからだと思う」「女の人にかっこいいと思われる気がしない」という男性こそ、『愛されること』を目指したほうがいいと思うんです。


 ひとりの男性と長く付き合っている女性や、上手くいっている夫婦の奥さんに「相手のどこが好きなの?」と聞くと「可愛いところ」という返事が返ってくることが少なくありません。『母性愛』というと大げさですが、女は可愛いものを慈しむのが好きです。そしてその『可愛いもの』が、多少の粗雑や粗忽であっても、それもまた『可愛い』と許せてしまうもの。不器用で至らないところだって、逆に『愛おしい』と思えたりもする。

 そう、女性から愛されるために、一番大切なのは『可愛い』と思われる存在であることです。


 『かっこよくなる』のは難しい。けれど、『可愛い』と思われるのは、『かっこいい』よりも簡単です。『自分に自信たっぷりのオラオラ』よりも、自分に自信がないくらいのほうが可愛く見えますし、可愛くいるのと、男らしさは無関係です。


 そこで、この第4章では、あなたのコンプレックスを長所へと変えて、『あなたが愛されるための方法』を伝授いたします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
4
残り:0文字/本文:666文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次