読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1049209
0
この一冊で世界史と世界地理がわかる!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大韓民国 Republic of Korea 北緯38度線を挟んだ「分断国家」が誕生するまで

『この一冊で世界史と世界地理がわかる!』
[編]歴史の謎研究会 [発行]青春出版社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ユーラシア大陸東端に位置する朝鮮半島。その南部を占めているのが大韓民国(韓国)である。

 長崎県の対馬から半島南端の町である釜山までは海を隔ててわずか50キロメートル、高速艇で90分の距離だ。天気のいい日にはうっすらと島影も確認できる。

 さまざまな民族が入り混じっていた古代朝鮮で、馬韓(ばかん)弁韓(べんかん)辰韓(しんかん)のいわゆる三韓が形成されたのが3世紀頃。やがて半島には百済(くだら)新羅(しらぎ)高句麗(こうくり)が興るが、百済が660年、高句麗が668年にそれぞれ滅亡、最終的には新羅が統一を果たす。

 そして10世紀には太祖(たいそ)(王建)が高麗(こうらい)国を建国。ちなみに韓国を表す「Korea」は、この「高麗」が転じたものである。

 しかし、13世紀に入ると西方に巨大なモンゴル帝国が誕生し世界を席捲。朝鮮半島もその脅威を受け属国化されるが、1393年にはクーデターを成功させた李成桂(りせいけい)が立ち上がる。中国の明朝の冊封を受けた李氏朝鮮の誕生である。

 この時代は、北西部の盆地である漢城(ハンソン)(ソウル)に首都が置かれ、朝鮮文字(ハングル)が成立するなど、文化、経済、宗教と、あらゆる分野において国家が形を整えた時代であった。1592〜98年には豊臣秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)を受けるが、その後も李朝の支配は続いていく。

 ヨーロッパ列強がアジア進出を始めた19世紀。朝鮮王朝もイギリスやフランスから貿易を求められたが、時の摂政・大院君(だいいんくん)はそれを拒否し、鎖国政策を選択する。

 日本の影響が色濃く出始めたのは日本が日清戦争と日露戦争に勝利し、実質的に中国とロシアを朝鮮から排した20世紀初頭からである。

 1905年の日韓条約、1910年の日韓併合により、朝鮮半島は日本の支配下に入り、それによって500年以上続いた朝鮮最後の王朝・李氏朝鮮も滅亡したのである。

 1919年には日本の圧政に対して民衆が蜂起した三・一独立運動が展開するも、独立は果たせず日本の支配は続いていく。

 しかし、第二次世界大戦において日本が敗戦すると、半島は米ソの管理するところとなり北緯38度線(軍事境界線)で分割される。

 それにより1948年、北に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、南に李承晩(りしょうばん)を初代大統領とした大韓民国が誕生した。やがて朝鮮戦争で北朝鮮との間には決定的な亀裂が入るが、国内はアメリカのバックアップで経済発展を遂げていった。

 昨今、北朝鮮との統一に関して大きな進展はない。北緯38度線の板門店では今日も両国の兵士がにらみ合いを続けている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1102文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次