読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1049726
0
合理的避戦論
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
教義と化した一国平和主義を乗り越えよ

『合理的避戦論』
[著]小島英俊 [著] 東郷和彦 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


東郷 若い世代にも多いといわれる嫌中嫌韓、これは嫌米に行き着き得ます。私は合理的に考えると、憲法改正は冷戦が終わった一九八九年頃からの四、五年の間にやるべきだったと思います。歴史認識に関して日本が謙虚に政策をとったときで、一連の歴史認識の反省が高まりました。河野談話が九三年で、村山談話が九五年ですから。内閣は宮澤、海部、細川、村山ときた時期。しかし、いかんせん、絶対的平和主義が強かった。
小島 最近でも()(なか)(ひろ)()さんあたりは平和主義と憲法改正反対で徹底しています。しかし自民党内で野中さんは孤立して無力感を感じて引退してしまった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2275文字/本文:2554文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次